所詮人間百年足らず。ふと振り返れば照れ笑い苦笑い。そんなJackalな日々。
2008/08«│ 2008/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2008/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:27:54
喫水、積載、旋回力。速く速くより速く、ネコも杓子も海賊さんまでもがクリポに大クリポ
そんな時節に、おっちらぎっちらガレーで漕ぎだしてみる。
凄まじい速度で追い抜いて行く船、すれ違う船。ドップラー音が聞こえて来そうだ。
なんだか忙しないな・・・みんな。
強襲
強襲ガレアス
アラガレ以来、一度は捨てた筈の漕船スキルとガレー船が、今になって妙に胸打つ
ノスタルジアルネッサンス(´・ω・`)
強襲ガレアススペック
気がつけば、上位三種を全て造船してしまって居た・・・・。
ついでだからスペックでも掲載しておこう。尚、増減は0である。

↓NEXT
スポンサーサイト


13:27:52
カリカットでとりあえずの造船Rカンストしてより後、ほぼ造船だけの為に、
資金稼ぎをし、艦船を造り続けて来たように思う。
船

つい先日始めたばかりのつもりで居たが、気がつけばもう一年余が経っている。
きら星の如く居た諸先達も今では、すっかりまばらに成り、かつての知己は疎遠になり
私にしてみれば重要な位置づけとなる「友人」は形骸化の様相を見せ始めている。
"誰とでも仲良く"などという都合の良い観念は私には無い。
親友と呼べる関係こそが友人なのだ。そこには常に"信頼”という願望が横たわる。
故にこそいかなる状況の中でもスワ!という時には行動が出来る。
たとえ裏切りがあろうと”まぁあいつだから”と思える。それが信頼であり
ビジネス用語の"信用”の関係とは一線を隔する。
例えば艦隊。全戦全敗をしても揺るがぬ信頼関係。それが"固定”だと思っている。
あぁ話が反れてしまった。

話を戻すが、このところ商会員のアクセスも殆ど無い。会長を含む三人程のメンバーで、
ほそぼそ諸々こなしている状況で、商会的には活動の意味もほぼ無い。
従って小型から大型までの従来の保持艦船を一挙放出する事にした。
以後は、本当のコレクション的な造船に成っていくのだろう。

それ以前に身の振り方を考えねばならなくなりそうな気もするが・・・(*'-'*)


05:10:03
ま、非常に唐突ではあるのだが・・・

例えば、よくある自殺の名所と称されるような断崖上に、いつになく気鬱に
成ったあなたがぼんやりと立っていたとする。
フと・・「いっそこのままここから飛び降りたら楽になる」等という想念が
脳裏をよぎったその時、ここで飛び降り自殺をしたものの霊がスーっと
あなたに重なり・・・その身体は既に宙を舞っている。
いわゆる典型的な憑依というやつだ。「疲れる」は「憑かれる」に
源を発すると聞いた事があるが、上記の件などは生身の幼稚な脳みそでも
非常に推理に易く理解もしやすい。

ある人物がここで飛び降り自殺を図る、そうしてその人物は確かに死ぬ。
ところが、気がつけば意識もあり死ぬ直前の耐え難い苦しみがそのまま
自己を襲ってくる。”あぁまだ死ねなかったんだ”と愚かな霊魂は思う
そうしてこの永遠の苦悩から逃れようと何度も何度も同じ行為を繰り返す。
そこへ、「疲れたあなた」がフラフラとやってくる。あれこれ愚考している
うちに、その自殺者の霊魂と波長がピタッと合う。そうしてモロトモに
断崖から身を宙におどらせる

うん。非常に分かりやすい。

さて・・解らないのは・・・だ。


2008/09/03
06:47:39
さて
もういい加減IEから脱却したい
人のGoogle Chrome 米国2日発表。


14:41:18
最近、足が遠のいているロンドン。久しぶりに帰還しても妙に落ち着かず
そそくさと出かけてしまうロンドン。
格安バザーが出ていても、なんとなく気が引けて買うのを躊躇してしまう
ロンドン。
自分的にはそんな日常ロンドンだが、この日ばかりは豹変する
まさに祭り。

ロンドン祭(秋)

今年もはや秋なんだね。10/18-19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。