所詮人間百年足らず。ふと振り返れば照れ笑い苦笑い。そんなJackalな日々。
2007/10«│ 2007/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2007/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
05:01:41
どうも、最近業者さんと思しきURL貼り付けがあるが
あまりにも無粋なものばかり。どうせなら

http://www.elizabeth-goldenage.jp/

↑こういうURLをご紹介頂きたい。
スポンサーサイト

21:55:30
=前回までのあらすじ=

あなたは、大航海時代の熟練艦長。海事手腕も相当なもので、全鯖中でも首位を
競う程の達人。カリカットに商館を持ち館長も勤めている。
そんな貴方が、欧州のいつもの港のいつもの仲間達と談笑中、商館のある「カリカッ
ト封鎖」の急報が届く。商会員も出入り不能で困り果てていると云う。
あなたは、世界中のフレンド友好団体に援護を求めるとともに、談笑中だった冒険者
商人を含む仲間達と艦隊を組み、おっとり刀で現地へ急行する事と成る。

★★★★★★★

冒険者の大クリを先頭に押し立て、僚艦順送りで艦隊食を取りながら、急加速に次ぐ
急加速。一挙に【喜望峰】を回り込む。
ここから先の情勢が不明故、念のため、マダガスカル島タマタブで補給。
カリカットに直進すべく出航したところへ、ザンジバルで造船修行中の船大工から速報。
「ザンジバル海域”嵐”」!ここでの2日3日待機は時間的にも資材的にも痛い。
少し遠回りに成るが面舵を切り、中部インド洋側から回り込む事にする。
まもなく中部インド洋に突入。
が・・ここで、あなたは妙な感覚を抱いた・・・。「何か嫌な胸騒ぎがする・・」
つぶやいて、旗艦を自身の装甲戦列艦に変更した。

その時!

「お!?」
「エ?」
「ナニコレ?」
「wwwwwww」

僚艦から驚愕とも脅えとも知れぬ言葉が漏れた

07:27:39
まぁ、早い話が永遠作業に見えた「造船上げ」が完了した訳で・・・
今は最早あんな光景こんな景色もドップラー効果の如く背後へ突き抜けた。
zosen

こんな半端者の私でも造船中フレンドに成ってくださる方が居て
なんとか挫折せず終えることが出来たのは、全くもって彼のお陰。

肩を並べて浮かんでは次のターンを競争したり、エモ逃げの応酬したり。
「マゾイね」「もうね・・」と言い合いながらお互いコッソリさぼって帰郷したりw
で、何食わぬ顔でカリカに戻り、青い旗とチッチャなキャラ見つけては安心して
また浮かぶ。そうこうするうち気がつけば熟練値も追い込み状態で
間もなくカンストに。
挨拶しようと見渡せば、姿無く。そう言えばMDLAの会長と冒険に行くと
言ってたのを思い出す。時間も明け方・・・眠ったか。
j&r

後ろ髪引かれる思いでカリカットを後にする・・。ヤッパリ一番薄情者ハワタシ?
そしてまた、最中には「もう嫌だ!」とか思いながら終わってしまえば
「サブでまた・・」なんて思うのはわたしだけ?w

あぁ、そうそう。意外だったのは「船首像」。
痛むのを恐れ、造船中は装備品は勿論、船部品も全て外すのが通例の様だが
これだけは付けておいた方が良いかも知れない。
サボリ帰郷からカリカに戻り、船部品全て外したつもりが船首像のみ外し忘れ。
それがドッコイドスコイおすもうさん!災害激減(´・ω・`)
酔狂で買ったガルーダのたった防災4で効果アリ!
今後造船修行で浮かぶ御方は、これ一度防災8付けてお試しあれ。
ただし「甲板掃除」だけは副官に依頼するなりこまめな気配りをw

さて、思い起こせば走馬燈、今を見渡しゃ風車・・・・

06:24:28
あなたはふとした興味から大航海時代オンラインを始めた。

あれからもう何年たつだろう。海事から始めて商人、冒険者・・そしてあらゆる港と海域を
網羅疾走してきた。PK系もひととおり経験し、冒商海のレベルも、何度か入れ替えた
スキルもカンスト状態で、今ではあなたの名を知らぬ人とて希である。
最早やることも無いとさえ感じられる昨今、いつもの港でいつもの様に知己達と談笑や
サブゲームに興じ、半ば自嘲的な日々を過ごして居た。

そんな最中、あなたの目に急報が飛び込んできた。

ふとした、いざこざから商館のある港が封鎖され、商会員も出入り出来ず困っている
と云うのだ。あなたはこの商館の会長であり商会員数もほぼ満席、商館功績も
常にトップの座を占めている。独特の気さくな雰囲気があり、商会員にも莫大な利益
をもたらしている。その拠点が封鎖というのだから、これは見過ごしには出来ない。

かなりな昔、商人とPKのいざこざから商人側国家の全港が封鎖され、その同盟港が
皆無に成るという事件があった。しかしそれも最早記憶から遠ざかって久しい。
和気藹々とした現在の鯖風から今回の封鎖は、あり得ぬと思える程珍事には違いないが
とまれ迅速かつ的確な処置を講じねば過去のような重大事に成らぬとも限らない。
世界中に散らばった、ログイン中の会員やフレンドと連絡を取り、とりあえず談笑中
だった冒険者、商人を含む5人で艦隊を組み、おっとり刀で出航する事と成った。

目指すはアフリカ大陸の遙か東方に位置する大港、カリカット。

2007/11/05
15:17:49
意識はしなかったが、どうやらかなりな日数ブログに着手して無かった様で
気がつけばペンペン草が生えていた・・・・。
LonlyLonly

とりあえず、造船も終盤を迎えている。この間、様々な事があった、本当に様々事が・・。
変化は、天地の摂理にて「安定」などというあり得ぬ幻想を抱くつもりは更々無いが、
やはり時と場合と局面により、こころの揺らぎと消沈を余儀なくされる事もある。
つくづく人とは弱いものだ。
とまれ、天地は私に「変化」を命じた訳である。ところが外部とは裏腹に一向に
変わらない自己に気がつく。私も相当にシブトイ(´・ω・`)

さて翻って造船作業と傍らの活動。
こっちも妙に孤立感がある。フレも商会員も確かに存在しては居るのだが。
造船が終わってしまえば、なんだかエピローグを迎えて(見て?)しまった
様な気になりそうだ。そう・・そこで消滅してしまいそうな・・。
あるいは、幽霊船となり大海原をただひたすら漂ってしまいそうな・・・
やりたいことは沢山あった筈なのに・・・。ふぅむ・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。